コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガカメムシ ナガカメムシLygaeidae; lygaeid bug

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガカメムシ
Lygaeidae; lygaeid bug

半翅目異翅亜目ナガカメムシ科に属する昆虫の総称。体長 10mm以下のものが多い。体は卵形または細長く,色彩は目立たない地味なものと,鮮かな赤などに彩られるものとがある。頭部は短く,触角は長く4節から成り,顔面の下方から生じる。複眼はやや突出し,その間に2個の単眼がある。口吻は4節。前胸はしばしば中央部がくびれてひょうたん形をなす。半翅鞘は長く,膜質部はよく発達し,顕著な5~6本の翅脈がある。多くは植食性で地表や植物上にすむが,樹皮下や葉鞘に隠れる種もある。世界に 3000種以上が知られる。日本産は約 150種で,サトウキビの大害虫であるカンショコバネナガカメムシ Cavelerius saccharivorusや,橙赤色の斑紋のある美麗種マダラナガカメムシ Lygaeus equestris,ジュウジナガカメムシ Tropidothorax crucigerなどが知られている。 (→異翅類 , 半翅類 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナガカメムシ

半翅(はんし)目ナガカメムシ科に属する昆虫の総称。体長15mmを超す種類はほとんどない。楕円形暗色悪臭は強くない。地上や植物上にすみ,植物の汁を吸う。サトウキビに加害するカンシャコバネナガカメムシや豆類に加害するメダカナガカメムシなどは害虫として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガカメムシ
ながかめむし / 長亀虫・長椿象

昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目ナガカメムシ科Lygaeidaeの昆虫の総称。体長は数ミリから15ミリで、5~10ミリのものが多い。普通長形で、触角は四節からなり、複眼中央と頭額先端を結ぶ線より下から出る。頭頂部後方には普通2個の単眼がある。小楯板(しょうじゅんばん)は小さく、前翅膜質部の脈は5、6本でほぼ平行している。地上の草間にすむものが多いが、樹上性の種もある。多くは植食性であるが、ときにほかの小昆虫を捕食するものが知られている。日本には100種余りが分布し、九亜科に分類される。
 日本産のおもな種として、ジュウジナガカメムシTropicothorax curciger(植食性で、カモメヅルなどに寄生)、オオメナガカメムシPiocoris urarius(雑食性で、小昆虫を捕食するが、植物から吸汁もする)、チャモンナガカメムシParadieuches dissimilis(植食性で、ヤマグワの実に群がる)などが知られ、南日本から琉球(りゅうきゅう)諸島にはサトウキビ害虫で有名なカンショコバネナガカメムシCavelerius saccharivorusが分布する。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナガカメムシの関連キーワードCavelerius saccharivorusナガカメムシ(長亀虫)クビナガカメムシ甘蔗小翅長亀虫長亀虫・長椿象小翅瓢箪長亀虫細小翅長亀虫姫小翅長亀虫姫十字長亀虫角小翅長亀虫細眼高長亀虫大紋白長亀虫大眼高長亀虫瓢箪長亀虫姫大眼亀虫姫扁長亀虫十字長亀虫黒大眼亀虫白縁長亀虫小斑長亀虫

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android