コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナクル湖国立公園 ナクルココクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

ナクルこ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ナクル湖国立公園】

Lake Nakuru National Park》ケニア中西部、ナクル湖を中心とする国立公園。面積約190平方キロメートル。1961年に制定。フラミンゴの群棲地として知られるほか、クロサイ、シロサイ、ロスチャイルドキリンなどの希少な野生動物が生息する。主な観光拠点は北岸の都市ナクル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ナクルここくりつこうえん【ナクル湖国立公園】

ケニア中西部の都市ナクルにある、鳥類保護区として有名な湖。ナイロビから日帰りもできる。面積は188km2。鳥の種類は豊富で、多いときには湖一面がピンク色になるほどのフラミンゴの大群が見られ、ペリカンなど100種以上の水鳥が生息するので、バードウォッチャーの天国といわれる。その他の動物も数・種類とも多く、特にシロサイ(南アフリカから移入)やロスチャイルドキリン(ケニア西部から移入)は、ほかでは見られない。さらにケニア各地で保護されたヒョウやクロサイも受け入れていて、近年はライオンも移入された。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ナクル湖国立公園の関連キーワード世界のおもな博物館世界のおもな美術館世界のおもなアカデミーナクル湖国益ガーナ海洋大気局富栄養化妊娠中絶禁止運動アンチ・アボーション運動

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android