コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナクル湖国立公園 ナクルココクリツコウエン

2件 の用語解説(ナクル湖国立公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナクルこ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ナクル湖国立公園】

Lake Nakuru National Park》ケニア中西部、ナクル湖を中心とする国立公園。面積約190平方キロメートル。1961年に制定。フラミンゴの群棲地として知られるほか、クロサイ、シロサイ、ロスチャイルドキリンなどの希少な野生動物が生息する。主な観光拠点は北岸の都市ナクル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ナクルここくりつこうえん【ナクル湖国立公園】

ケニア中西部の都市ナクルにある、鳥類保護区として有名な湖。ナイロビから日帰りもできる。面積は188km2。鳥の種類は豊富で、多いときには湖一面がピンク色になるほどのフラミンゴの大群が見られ、ペリカンなど100種以上の水鳥が生息するので、バードウォッチャーの天国といわれる。その他の動物も数・種類とも多く、特にシロサイ(南アフリカから移入)やロスチャイルドキリン(ケニア西部から移入)は、ほかでは見られない。さらにケニア各地で保護されたヒョウやクロサイも受け入れていて、近年はライオンも移入された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナクル湖国立公園の関連キーワード国際保護鳥ジッダナクルベラト国際鳥類保護会議Етърクルニクコニンブリガボリ城カクルック洞窟

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone