コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナセル湖 ナセルこLake Nasser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナセル湖
ナセルこ
Lake Nasser

エジプト南部とスーダン北部にまたがる,ナイル川の重要な貯水湖。 1960年に建造されたアスワン・ハイダムによって造られたもので,面積 5470km2,貯水量 1640億m3。ダムの水で,210万 kW/h の発電と,既存の灌漑地のほか 32万 4000haの新しい耕地の灌漑が可能。この人造湖は当時の大統領ナセルの名にちなんでつけられた。湖周辺の開発計画も進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナセル‐こ【ナセル湖】

エジプト南部東、ナイル川中流にある人造湖。1970年、アスワンハイダムの完成によって出現。長さ500キロ、幅10~30キロ。名はナセル大統領にちなむ。ハイダム湖。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ナセルこ【ナセル湖】

エジプト南東部、ナイル川中流にある人造湖。アスワン-ハイ-ダムの建設によって造成された。面積約4千平方キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナセル湖
なせるこ
Lake Nasser

アフリカ北東部、ナイル川のエジプト領南部からスーダン領北端部にかけて位置する人造湖。1971年、アスワン・ハイ・ダムの完成に伴い出現した。名称は当時のアラブ連合共和国(エジプト)大統領にちなむ。ブラーツク(ロシア連邦)、カリバ(ザンビア、ジンバブエ)、ボルタ(ガーナ)などと並ぶ世界最大級の人造湖の一つで、満水時には、水面の面積が約4000平方キロメートル、貯水量は、ナイル川のこの地点での最大年間流量にほぼ等しい1690億立方メートルに達する。しかし、著しい乾燥地帯にあるため、湖面からの蒸発が年間約100億立方メートルにも上り、湖底をつくる砂岩への浸透量も少なくない。季節変化の大きな流量を調節して、洪水防止や可航条件の改良を図る一方、その水を灌漑(かんがい)、発電に利用するほか、湖面での水産資源開発や観光開発も目的としている。しかし、著しい蒸発で灌漑用水の塩分濃度が高まることや、下流への土砂の流下が激減したことなどが新たな問題を引き起こしている。[田村俊和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナセル湖の関連キーワードワディハルファカラブシャ神殿ナイル川瀑流ヌビア遺跡アスワン

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android