コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナトアール Natoire, Charles Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナトアール
Natoire, Charles Joseph

[生]1700.3.3. ニーム
[没]1777.8.29. カステルガンドルフォ
フランスの画家。建築家で彫刻家の F.ナトアールの子。パリで F.ルモアーヌに学ぶ。 1721年ローマ大賞受賞,23~29年ローマに学ぶ。 34年王立アカデミー会員。フランス・ロココ様式の形成に尽した。宗教画,歴史画,風景画,装飾画にすぐれ,当時 F.ブーシェ好敵手。 51~74年ローマのフランス・アカデミー会長。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナトアール【Charles‐Joseph Natoire】

1700‐77
フランスの画家。ニームに建築家を父として生まれ,パリでルモアーヌF.Lemoyneに学ぶ。1721年ローマ賞を得てイタリアに留学。34年アカデミー会員。建築装飾画家として,ベルサイユ宮殿や教会堂,個人の邸宅の壁画,ゴブラン製作所のための下絵を描く。パリ,オテル・スービーズの著名な楕円形サロンの《プシュケーの物語》(1739)などが代表作。52年よりローマのフランス・アカデミー院長として23年間イタリアに滞在し,退職後カステル・ガンドルフォに没。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android