コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナトアール ナトアール Natoire, Charles Joseph

2件 の用語解説(ナトアールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナトアール
ナトアール
Natoire, Charles Joseph

[生]1700.3.3. ニーム
[没]1777.8.29. カステルガンドルフォ
フランスの画家。建築家で彫刻家の F.ナトアールの子。パリで F.ルモアーヌに学ぶ。 1721年ローマ大賞受賞,23~29年ローマに学ぶ。 34年王立アカデミー会員。フランス・ロココ様式の形成に尽した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナトアール【Charles‐Joseph Natoire】

1700‐77
フランスの画家。ニームに建築家を父として生まれ,パリでルモアーヌF.Lemoyneに学ぶ。1721年ローマ賞を得てイタリアに留学。34年アカデミー会員。建築装飾画家として,ベルサイユ宮殿教会堂,個人の邸宅の壁画,ゴブラン製作所のための下絵を描く。パリ,オテル・スービーズの著名な楕円形サロンの《プシュケーの物語》(1739)などが代表作。52年よりローマのフランス・アカデミー院長として23年間イタリアに滞在し,退職後カステル・ガンドルフォに没。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナトアールの関連キーワードアルマングレーズブロンデルムーランの画家ヌーベルフランス窓UIAサルダデュ・セルソーフランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone