コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナビヤ・ニヤーヤ ナビヤ・ニヤーヤNavya-nyāya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナビヤ・ニヤーヤ
Navya-nyāya

インドの論理学派。新ニヤーヤ (正理) 学派。 13世紀のガンゲーシャによって開創された。彼はその著書で,ニヤーヤ学派の認める直接知覚,推論,類比,信頼されるべき人の言葉などすべてを総括して説いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナビヤ・ニヤーヤ
なびやにやーや
Navya-nyya

新論理学の意。インドのバラモン正統教学の一つとしての論理・論証の学は、1~4世紀ころにかけて編纂(へんさん)された『ニヤーヤ・スートラ』を根本経典とするニヤーヤ学派によっておもに研究された。しかし、仏教、ミーマーンサー学派の論理学との論争を経過するうちに、術語の定義の厳密化を図る傾向が顕著になった。14世紀ごろにガンゲーシャという学匠が、『ニヤーヤ・スートラ』以来の伝統的記述方法を改め、正しい知識を獲得するための四つの手段を中心に諸問題を論ずる『タットバ・チンターマニ』を著した。以来、ニヤーヤ派の学匠たちは、『ニヤーヤ・スートラ』ではなく、この書の研究に専心し、ガンゲーシャよりも前の学匠たちを古ニヤーヤ派、自らを新ニヤーヤ派、つまりナビヤ・ニヤーヤ派とよんだ。16世紀ごろにラグナータ・シローマニが、いくつかの点において改革を施し、ナビヤ・ニヤーヤ派の主流を形成した。[宮元啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナビヤ・ニヤーヤの関連キーワードバイシェーシカ学派インド哲学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android