コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナビヤ・ニヤーヤ ナビヤ・ニヤーヤ Navya-nyāya

2件 の用語解説(ナビヤ・ニヤーヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナビヤ・ニヤーヤ
ナビヤ・ニヤーヤ
Navya-nyāya

インドの論理学派。新ニヤーヤ (正理) 学派。 13世紀のガンゲーシャによって開創された。彼はその著書で,ニヤーヤ学派の認める直接知覚,推論,類比,信頼されるべき人の言葉などすべてを総括して説いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナビヤ・ニヤーヤ
なびやにやーや
Navya-nyya

新論理学の意。インドバラモン正統教学の一つとしての論理・論証の学は、1~4世紀ころにかけて編纂(へんさん)された『ニヤーヤ・スートラ』を根本経典とするニヤーヤ学派によっておもに研究された。しかし、仏教、ミーマーンサー学派の論理学との論争を経過するうちに、術語の定義の厳密化を図る傾向が顕著になった。14世紀ごろにガンゲーシャという学匠が、『ニヤーヤ・スートラ』以来の伝統的記述方法を改め、正しい知識を獲得するための四つの手段を中心に諸問題を論ずる『タットバ・チンターマニ』を著した。以来、ニヤーヤ派の学匠たちは、『ニヤーヤ・スートラ』ではなく、この書の研究に専心し、ガンゲーシャよりも前の学匠たちを古ニヤーヤ派、自らを新ニヤーヤ派、つまりナビヤ・ニヤーヤ派とよんだ。16世紀ごろにラグナータ・シローマニが、いくつかの点において改革を施し、ナビヤ・ニヤーヤ派の主流を形成した。[宮元啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビヤ・ニヤーヤの関連キーワード因明ガウタマ新ニヤーヤ学派ダルマキールティニヤーヤ学派バーツヤーヤナニヤーヤウッディヨータカラ新ニヤーヤナビヤ・ニヤーヤ学派

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone