コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナビヤ・ニヤーヤ ナビヤ・ニヤーヤNavya-nyāya

2件 の用語解説(ナビヤ・ニヤーヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナビヤ・ニヤーヤ
ナビヤ・ニヤーヤ
Navya-nyāya

インドの論理学派。新ニヤーヤ (正理) 学派。 13世紀のガンゲーシャによって開創された。彼はその著書で,ニヤーヤ学派の認める直接知覚,推論,類比,信頼されるべき人の言葉などすべてを総括して説いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナビヤ・ニヤーヤ
なびやにやーや
Navya-nyya

新論理学の意。インドバラモン正統教学の一つとしての論理・論証の学は、1~4世紀ころにかけて編纂(へんさん)された『ニヤーヤ・スートラ』を根本経典とするニヤーヤ学派によっておもに研究された。しかし、仏教、ミーマーンサー学派の論理学との論争を経過するうちに、術語の定義の厳密化を図る傾向が顕著になった。14世紀ごろにガンゲーシャという学匠が、『ニヤーヤ・スートラ』以来の伝統的記述方法を改め、正しい知識を獲得するための四つの手段を中心に諸問題を論ずる『タットバ・チンターマニ』を著した。以来、ニヤーヤ派の学匠たちは、『ニヤーヤ・スートラ』ではなく、この書の研究に専心し、ガンゲーシャよりも前の学匠たちを古ニヤーヤ派、自らを新ニヤーヤ派、つまりナビヤ・ニヤーヤ派とよんだ。16世紀ごろにラグナータ・シローマニが、いくつかの点において改革を施し、ナビヤ・ニヤーヤ派の主流を形成した。[宮元啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone