ナルコスゲ(読み)なるこすげ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナルコスゲ
なるこすげ / 鳴子菅
[学]Carex curvicollis Fr. et Sav.

カヤツリグサ科の多年草。谷川の岩上や石の上などに生え、大きな株をつくる。高さ20~40センチメートル。葉は線形で多数根生し、幅2~3ミリメートル、質は柔らかい。花期は5~6月。頂小穂は雄性、残りの小穂は雌性で長さ1~4センチメートル、長い柄があり、垂れ下がる。鱗片(りんぺん)は黒紫色で、緑色の果胞との対照が美しい。北海道南西部から九州に普通にみられる。名は、小穂が連なっている性状を鳴子に見立てたもの。[木下栄一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナルコスゲの言及

【スゲ(菅)】より

…スゲはみな多年草であるが,富士山ろくの山中湖にあるカヤツリスゲC.cyperoides Murr.はまれに見る一年生の例である。 生態的に見るとスゲはあらゆる生態条件下に見られるが,カサスゲのように湿地に生えるスゲはたいへん多く,山の渓流に沿って見るナルコスゲC.curvicollis Fr.et Sav.では,細い柄をもった円柱形の小穂が垂れ下がり鳴子を思わせるが,同じ鳴子形の花序をもち,葉の鋸歯が手を切るほど鋭いというテキリスゲC.kiotensis Fr.et Sav.は山中の湿地に,ゴウソC.maximowiczii Miq.は水田のあぜに多い。アゼスゲC.thunbergii Steud.,カワラスゲC.incisa Boott,大きな果胞をもったオニスゲC.dickinsii Fr.et Sav.,ウマスゲC.idzuroei Fr.et Sav.等みな湿地生である。…

※「ナルコスゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android