コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナレッジ・マネジメント knowledge management

パソコンで困ったときに開く本の解説

ナレッジ・マネジメント

 企業の情報資産を、ITを活用することによってビジネスに生かそうとする発想のことです。最近は、各社員がもっている知識やノウハウを全社で共有する仕組み作りも求められています。日本語でいえば、「知識管理」「知識共有」です。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

人材マネジメント用語集の解説

ナレッジ・マネジメント

・知識資産管理のこと。各従業員が保持する経験・スキル・ノウハウなどを他の従業員も活用可能な知的財産として集積・管理し、社内に展開することで共有化する仕組み。
自社サービスに関するものから、顧客クレームまで多岐に渡る。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

会計用語キーワード辞典の解説

ナレッジ・マネジメント

個々の社員が業務経験で蓄積した専門知識、ノウハウ、情報等を集めてデータベース化し、会社全体の知識として社員であればだれでも利用できるよう管理することです。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

ナレッジ・マネジメントの関連キーワードナレッジマネジメントLMS

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナレッジ・マネジメントの関連情報