コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊本大学 くまもとだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊本大学
くまもとだいがく

国立大学。1949年に第五高等学校,熊本師範学校,熊本青年師範学校,熊本医科大学(付属医学専門部を含む),熊本薬学専門学校,熊本工業専門学校を統合して,新制大学として発足。法文学部,教育学部,理学部,医学部,薬学部,工学部の 6学部を置いた。1979年法文学部を改組して文学部,法学部を設置し,7学部体制となる。1955年大学院を設置。本部は熊本県熊本市にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くまもと‐だいがく【熊本大学】

熊本市にある国立大学法人。第五高等学校・熊本医科大学・同付属医学専門部・熊本薬学専門学校・熊本工業専門学校・熊本師範学校・熊本青年師範学校を統合し、昭和24年(1949)新制大学として発足。平成16年(2004)国立大学法人となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

熊本大学【くまもとだいがく】

熊本市にある国立大学。熊本医大(1922年創立。淵源は藩の医学講習所再春館),同付属医専(1939年),五高(1886年),熊年本工専(1897年),熊本薬専(1925),熊本師範(1943年),同青年師範(1944年)を統合し,1949年新制大学として発足。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

くまもとだいがく【熊本大学】

国立大学の一。肥後藩の再春館に始まる熊本医大・第五高等学校・熊本薬専・熊本工専・熊本師範・熊本青年師範が合併して、1949年(昭和24)新制大学となる。本部は熊本市。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊本大学
くまもとだいがく

国立大学法人。1949年(昭和24)旧制第五高等学校(1886年創立)、熊本高等工業学校、熊本薬学専門学校、熊本医科大学、熊本医科大学附属医学専門部、熊本師範学校、熊本青年師範学校を統合し、法文学、教育学、理学、薬学、医学、工学の6学部からなる新制国立大学として発足。1979年法文学部を分離改組して文学部と法学部を設置、文学、教育学、法学、理学、医学、薬学、工学の7学部、1教養部体制となり、1997年(平成9)教養部を廃止した。大学院は2010年(平成22)時点で、教育学、社会文化科学、自然科学の各研究科と医学教育部、保健学教育部、薬学教育部、法曹養成研究科、生命科学研究部が設置されている。1976年医療技術短期大学部が併設された(2003年改組され医学部保健学科となる)。学部附属教育研究施設として、発生医学研究所、衝撃・極限環境研究センターなどのほか薬用資源エコフロンティアセンター(旧称薬用植物園)、附属病院がある。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。本部は熊本市中央区黒髪2-39-1。[馬越 徹]
『熊本大学編・刊『熊本大学三十年史』(1980) ▽熊本大学編・刊『熊本大学医学部百年史1896―1996』(1998) ▽熊本大学編・刊『熊本大学工学部百年史』(2000)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

熊本大学の関連キーワードスーパーグローバル大学熊本県熊本市中央区黒髪熊本大学 五高記念館トランスジェニックアミロイドーシス中村 左衛門太郎ナンバースクールナオミ・ハワード喜田村 正次入鹿山 且朗立石 一真谷口 長雄原田 敏明孤蓬 万里倉前 盛通中原 淳蔵大塚 敬節大谷 周庵高木 正幸阿蘇家文書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊本大学の関連情報