コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊本大学 くまもとだいがく

5件 の用語解説(熊本大学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊本大学
くまもとだいがく

国立大学。1949年に第五高等学校,熊本師範学校,熊本青年師範学校,熊本医科大学(付属医学専門部を含む),熊本薬学専門学校,熊本工業専門学校を統合して,新制大学として発足。法文学部,教育学部,理学部,医学部,薬学部,工学部の 6学部を置いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くまもと‐だいがく【熊本大学】

熊本市にある国立大学法人。第五高等学校・熊本医科大学・同付属医学専門部・熊本薬学専門学校・熊本工業専門学校・熊本師範学校・熊本青年師範学校を統合し、昭和24年(1949)新制大学として発足。平成16年(2004)国立大学法人となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

熊本大学【くまもとだいがく】

熊本市にある国立大学。熊本医大(1922年創立。淵源は藩の医学講習所再春館),同付属医専(1939年),五高(1886年),熊年本工専(1897年),熊本薬専(1925),熊本師範(1943年),同青年師範(1944年)を統合し,1949年新制大学として発足。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

くまもとだいがく【熊本大学】

国立大学の一。肥後藩の再春館に始まる熊本医大・第五高等学校・熊本薬専・熊本工専・熊本師範・熊本青年師範が合併して、1949年(昭和24)新制大学となる。本部は熊本市。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊本大学
くまもとだいがく

国立大学法人。1949年(昭和24)旧制第五高等学校(1886年創立)、熊本高等工業学校、熊本薬学専門学校、熊本医科大学、熊本医科大学附属医学専門部、熊本師範学校、熊本青年師範学校を統合し、法文学、教育学、理学、薬学、医学、工学の6学部からなる新制国立大学として発足。1979年法文学部を分離改組して文学部と法学部を設置、文学、教育学、法学、理学、医学、薬学、工学の7学部、1教養部体制となり、1997年(平成9)教養部を廃止した。大学院2010年(平成22)時点で、教育学、社会文化科学自然科学の各研究科と医学教育部、保健学教育部、薬学教育部、法曹養成研究科、生命科学研究部が設置されている。1976年医療技術短期大学部が併設された(2003年改組され医学部保健学科となる)。学部附属教育研究施設として、発生医学研究所、衝撃・極限環境研究センターなどのほか薬用資源エコフロンティアセンター(旧称薬用植物園)、附属病院がある。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。本部は熊本市中央区黒髪2-39-1。[馬越 徹]
『熊本大学編・刊『熊本大学三十年史』(1980) ▽熊本大学編・刊『熊本大学医学部百年史1896―1996』(1998) ▽熊本大学編・刊『熊本大学工学部百年史』(2000)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊本大学の関連キーワード熊本学園大学熊本県立大学崇城大学熊本保健科学大学熊本県熊本市中央区江津熊本県熊本市東区健軍熊本県熊本市中央区二の丸熊本県熊本市中央区古京町熊本県熊本市北区貢町熊本県熊本市中央区横手

熊本大学の関連情報