コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋大学 なごやだいがく

6件 の用語解説(名古屋大学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋大学
なごやだいがく

国立大学法人。前身は,1931年設立の官立名古屋医科大学を母体として 1939年に創設された名古屋帝国大学。 1949年旧制の第八高等学校,名古屋経済専門学校,岡崎高等師範学校名古屋大学付属医学専門部を併合して新制大学となり,文学部,教育学部,法経学部,理学部,医学部,工学部の6学部を置いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なごや‐だいがく【名古屋大学】

名古屋市千種区に本部のある国立大学法人。明治4年(1871)設立の仮医学校を起源とし、旧制の県立愛知医科大学・名古屋帝国大学を経て、昭和24年(1949)同付属医学専門部・第八高等学校・名古屋経済専門学校・岡崎高等師範学校を合併して新制大学に移行。平成16年(2004)国立大学法人となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

名古屋大学【なごやだいがく】

名古屋市にある国立大学。前身の名古屋帝国大学は,1871年に名古屋藩(尾張藩)が設立した仮病院・仮医学校に起源をもつ。1875年愛知県は病院・医学講習所を設立,後者が改称等を経て,1931年名古屋医科大学となり,1939年,これを母体として名古屋帝国大学が創設された。
→関連項目帝国大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なごやだいがく【名古屋大学】

名古屋市千種区不老町に本部を置く旧制帝国大学系の国立総合大学。淵源は旧名古屋藩評定所が1871年(明治4)に開設した仮病院・仮医学校に発する。73年県当局は病院と医学講習所を設立,後者は公立医学校,愛知医学校と改称し,83年甲種医学校として認可された。1901年愛知県立医学校となり,03年県立医学専門学校に発展。20年公立愛知医科大学に昇格,さらに31年官立名古屋医科大学となった。39年これを母体に新設の理工学部をあわせて帝国大学としては国内最後の名古屋帝国大学が創設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なごやだいがく【名古屋大学】

国立大学の一。1871年(明治4)開設の仮医学校に始まる名古屋医大を改組、1939年(昭和14)名古屋帝国大学となる。49年第八高等学校・名古屋経専・岡崎高師などを併合して新制大学となる。本部は名古屋市千種区。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名古屋大学
なごやだいがく

国立大学法人。1871年(明治4)旧名古屋藩評定所(ひょうじょうしょ)を仮病院として発足した仮医学校が起源。その後、幾多の変遷を経て、1920年(大正9)愛知医科大学となる。1931年(昭和6)官立に移管され、名古屋医科大学が設置された。1939年名古屋医科大学を母体に、医学部、理工学部から名古屋帝国大学が創設された。1942年理工学部が理学部と工学部に分離し3学部となった。第二次世界大戦後名古屋大学に改称。1949年(昭和24)、第八高等学校、名古屋高等商業学校、旧制名古屋大学、同附属医学専門部、岡崎高等師範学校を包括して、文学、教育学、法経学、理学、医学、工学の6学部からなる新制国立大学となる。その後、1950年に法経学部が法学部と経済学部に分離独立、1951年農学部が増設、1993年(平成5)教養部が改組され情報文化学部となり、2010年(平成22)時点で9学部体制である。大学院は、文学、教育発達科学、法学、経済学、理学、多元数理科学、医学系、工学、生命農学、国際開発、国際言語文化、情報科学、環境学の13研究科に博士課程が設置されている。附置研究所に環境医学研究所があるほか、全国共同利用研究所として、太陽地球環境研究所、エコトピア科学研究所がある。ほかに学内共同施設としてアイソトープ総合センター、年代測定総合研究センターなどや、学部附属の地震火山・防災研究センター、国際経済政策研究センターなど25の教育研究施設を有する。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。本部は名古屋市千種(ちくさ)区不老町。[馬越 徹]
『名古屋大学編・刊『名古屋大学五十年史 部局史、通史』(1989、1995)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋大学の関連キーワード愛知県名古屋市千種区葵愛知県名古屋市千種区上野愛知県名古屋市千種区萱場愛知県名古屋市千種区北千種愛知県名古屋市千種区千種愛知県名古屋市千種区千種町愛知県名古屋市千種区千種通愛知県名古屋市千種区筒井愛知県名古屋市千種区仲田愛知県名古屋市千種区不老町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名古屋大学の関連情報