コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニェシャワ法典 ニェシャワほうてんStatuty nieszawskie; Nieszawa Statutes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニェシャワ法典
ニェシャワほうてん
Statuty nieszawskie; Nieszawa Statutes

ニエシアフ特許状とも呼ばれる。 1454年ポーランド王カジミエシ4世ヤギェロンチクによって成立した法典。これにより戦時における国王の総動員令,新税の賦課などは地方議会の承認が義務づけられ,特にドイツ騎士団との戦争で地位を向上させたシュラフタ階級は,その特権的身分を確立。ポーランドにおける『マグナ・カルタ』に相当する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニェシャワ法典の関連キーワードヤギェウォ朝

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android