コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニケフォルス2世 ニケフォルスにせいNicephorus II Phocas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニケフォルス2世
ニケフォルスにせい
Nicephorus II Phocas

[生]912. カッパドキア
[没]969.12.10/11. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 963~969) 。小アジアの軍人貴族の出身。コンスタンチヌス7世のときに台頭。ロマヌス2世時代にクレタを占領 (961) 。ロマヌスは2児が幼少なので死後の軍事指揮権を彼に委任。帝の死後,残された皇妃テオファノと結婚し,幼い2児と並んで皇帝となり実権を握る。アラビア人に対し積極的に攻撃に出てキプロス島 (965) ,アンチオキア (969) などを再び帝国領とし,小アジアにおける帝国の権威を高めた。内政的には大土地所有層優遇策をとり国内の封建化を間接的に推進することとなった。妻のテオファノと共謀したヨハネス・チミスケス (のちのヨハネス1世) により寝室で暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニケフォルス2世の関連キーワードエパルキコン・ビブリオン

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android