コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニセコ町 ニセコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニセコ〔町〕
ニセコ

北海道西部にある町。 1950年町制。 64年町名を狩太 (かりぶと) からニセコ (アイヌ語で深山にあって,川岸にかぶさるように出ている崖の意) に改称。 1896年福井県移住者の入植が開拓の始り。町域は羊蹄山の南西麓を占め,尻別川と支流真狩川の合流点に市街地がある。主産業は農業と観光。ジャガイモカボチャ,豆類などの栽培と米作,乳牛,肉牛の飼育,養豚などの畜産が行われるニセコアンヌプリ (1308m) や昆布温泉スキー場があり,ニセコ積丹小樽海岸国定公園の中心をなし,東洋のサンモリッツ呼ばれる。羊蹄山麓の高山植物群落は天然記念物有島記念館所在地。 JR函館本線,国道5号線が通る。面積 197.13km2。人口 4958(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニセコ町の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)冤罪大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広

ニセコ町の関連情報