ニッカーボッカーズ(英語表記)knickerbockers

大辞林 第三版の解説

ニッカーボッカーズ【knickerbockers】

ゆったりした形で、裾をしぼった、膝ひざ下丈のズボン。ゴルフ・登山・乗馬などに用いる。ニッカーボッカー。ニッカーズ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニッカーボッカーズ【knickerbockers】

ニッカーズともいう。裾口に尾錠つきの共布のベルトをつけた,ゆったりした膝下までの長さのズボン。名称源はワシントン・アービングがディートリヒ・ニッカーボッカーの名前で書いた《ニューヨーク史》(1809)に由来。同書にクルックシャンクが,短いズボン(ブリーチズ)をはいたオランダ移民を描いたことからとされる。19世紀末から1920年代まで男女ともに用いられたが,とくに男性の野外運動服として散歩,ゴルフ,サイクリング,スキーなどに用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニッカーボッカーズ
にっかーぼっかーず
knickerbockers

ニッカーズknickersともいう。ゆったりした半ズボンで、膝下(ひざした)にバンドがつきギャザーが入っている。1860年代に男子のスポーツまたはカジュアルウエアとして現れた。チェックやツイードなどの生地(きじ)が用いられ、ノーフォーク・ジャケットなどと組み合わされた。女性も自転車乗りなどに用いた。
 アメリカの作家アービングは、ディードリッヒ・ニッカーボッカーDiedrich Knickerbockerの変名で、『ニューヨーク史』(1809)を書いた。そのとき、挿絵に半ズボンをはいた、ニューヨークに住むオランダ移民を描いたところからオランダ移民をニッカーボッカーといい、半ズボンをニッカーボッカーズとよんだので、この名がある。[菅生ふさ代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニッカーボッカーズの関連情報