コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニヌルタ

3件 の用語解説(ニヌルタの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニヌルタ

古代バビロニアの豊穣・戦闘の神。〈ニンウルタ〉とも読み,エンリルの子とされる。元来シュメール起源の神で,ニンギルスとしばしば同一視される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニヌルタ【Ninurta】

バビロニアの神。ニンウルタともいう。元来はシュメールの神でその名は〈大地の主〉の意。エンリルの子で,自分自身の町をもたず,ニップールにその祭儀が並存した。シュメール神ニンギルスNingirsuと同じ系譜を有し,豊穣と戦闘の神という性格も共通であるため,古バビロニア時代から両神は同一視される傾向があった。シュメール語の詩《王,嵐,その光輝は威圧する》《アンのごとく造られしもの》やアッカド語の神話《アンズ》ではニヌルタの英雄的行為が語られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニヌルタ
にぬるた
Ninurta

メソポタミア(とりわけアッシリア)神話の狩猟、戦争の神。以前はニニブNinibとよばれていた。別名ウラシュ。本来はシュメールの原初の神で、植物神であった。風と嵐(あらし)の天空神エンリルとのつながりから強い神とみなされるようになり、またときには医療神ともされる。配偶女神はグラあるいはババである。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニヌルタの関連キーワードウルシュメールバビロニアバビロンバビロン捕囚バビロン第一王朝ハムラビエヌマエリシュカルデア新バビロニア王国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone