コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュートン式反射望遠鏡 ニュートンシキハンシャボウエンキョウ

デジタル大辞泉の解説

ニュートンしき‐はんしゃぼうえんきょう〔‐ハンシャバウヱンキヤウ〕【ニュートン式反射望遠鏡】

主鏡の凹面で反射させた光を、光軸に対して45度に傾けた副鏡の平面で再反射させ、鏡筒側面の穴に導いて観測する望遠鏡。1668年、ニュートン考案・製作。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ニュートンしきはんしゃぼうえんきょう【ニュートン式反射望遠鏡】

凹の放物面鏡を主鏡とし、その焦点の少し前に45度に傾けた小さな平面鏡を置き、焦点を鏡筒の外側に取り出す方式の反射望遠鏡。ニュートンが1668年に考案・製作(ただし主鏡は球面鏡)。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ニュートン式反射望遠鏡の関連キーワードカセグレン式反射望遠鏡反射望遠鏡天体望遠鏡放物面鏡平面鏡球面鏡焦点主鏡

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android