ニンヒドリン反応(読み)ニンヒドリンハンノウ

化学辞典 第2版の解説

ニンヒドリン反応
ニンヒドリンハンノウ
ninhydrin reaction

アプデルハルデン反応ともいう.アミノ酸やペプチドの鋭敏な呈色反応一種アミノ酸中性水溶液にニンヒドリン(2,2-ジヒドロキシ-1,3-インダンジオン)を添加し,加熱すると酸化的脱アミノ反応が起こりアルデヒドとルーエマン(Ruhemann's purple)が生成し,青~紫(λmax 570 nm)に発色する.プロリン,オキシプロリンなどのイミノ酸は黄色(λmax 440 nm)の色素を生成する.ペーパークロマトグラフィーにおいて,ペプチドなどの検出反応に利用される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンヒドリン反応
ニンヒドリンはんのう
ninhydrin reaction

ニンヒドリンとアミノ酸を中性で煮沸すると,赤紫色を発する定性および定量用の反応をいう。蛋白質とも弱く反応する。プロリンおよびオキシプロリンに対しては黄色を呈する。アミノ酸分析のほか,検出感度が鋭敏なので,法医学や,鑑識捜査の際に指紋検出用にも利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android