コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌイイー条約 ヌイイーじょうやく

百科事典マイペディアの解説

ヌイイー条約【ヌイイーじょうやく】

第1次大戦後の1919年11月27日,パリ近郊のヌイイー・シュル・セーヌNeuilly-sur-Seineで,連合国側とブルガリアとの間に結ばれた講和条約。ブルガリアはユーゴ,ギリシア,ルーマニアに領土を割譲して海への出口を失い,多額の賠償金を課せられた。
→関連項目第1次世界大戦パリ平和会議

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヌイイーじょうやく【ヌイイー条約】

1919年11月27日,第1次世界大戦の敗戦国ブルガリアと連合国の間で結ばれた講和条約。ヌイイーNeuillyは調印の行われたパリ近郊の町。この条約によってブルガリアは,南ドブルジャ(ドブロジャ)をルーマニアに,東マケドニアをユーゴスラビアに,エーゲ海に沿った西トラキアをギリシアに割譲し,多額の賠償を課せられた。また兵力は陸軍2万に制限され,海軍の保有は禁止された。ブルガリアの人口は約600万に減少し,数十万のブルガリア人が本国から切り離され,少数民族として周りの国々に残された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヌイイー条約の言及

【バルカン】より


【バルカンにおける国家と民族】

[ベルサイユ体制とバルカン]
 長い民族運動の結果,バルカンの主要民族が現在の領土に近いかたちで国家の独立を達成したのは,第1次大戦後のベルサイユ体制のもとにおいてであった。すなわち,ギリシア,ブルガリアはヌイイー条約(1919),ルーマニアはトリアノン条約(1920)によって国境が画定され,のちのユーゴスラビアのもとをなすセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国の成立は1918年,アルバニアの独立の承認は20年であった。独立国家の達成が彼らに将来の発展の基礎を与えたことはいうまでもない。…

※「ヌイイー条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌイイー条約の関連キーワードベルサイユ体制

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android