コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオシュワゲリナ Neoschwagerina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオシュワゲリナ
Neoschwagerina

原生生物界有孔虫門ネオシュワゲリナ科の紡錘虫。大型でふくれた紡錘形をなし,殻はテクタムと蜂窩状ケリオテーカからなる。軸隔壁に直角に交わる旋回隔壁と,前者に平行する副軸隔壁がある。テチス海域,アジアの北部,西部などに広く分布。ペルム系中部ネオシュワゲリナ帯の示準化石。(→有孔虫類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネオシュワゲリナ【Neoschwagerina】

高等有孔虫のフズリナ目ネオシュワゲリナ科の代表属。1903年矢部長克が,シュワゲリナ・クラティキュリフェラSchwagerina craticuliferaを模式種として設立した。約60種が知られ,日本では岐阜県赤坂からはじめて記載された。各地の二畳系石灰岩に産するが北海道からは知られていない。外形は膨れた紡錘形で,壁は厚く,ケリオテーカ構造を示す。通常の隔壁のほかに,旋回軸に平行,およびこれに直交する2方向の副隔壁が発達する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ネオシュワゲリナの関連キーワード高等有孔虫ヤベイナ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android