ネオシュワゲリナ(英語表記)Neoschwagerina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオシュワゲリナ
Neoschwagerina

原生生物界有孔虫門ネオシュワゲリナ科の紡錘虫。大型でふくれた紡錘形をなし,殻はテクタムと蜂窩状ケリオテーカからなる。軸隔壁に直角に交わる旋回隔壁と,前者に平行する副軸隔壁がある。テチス海域,アジアの北部,西部などに広く分布。ペルム系中部ネオシュワゲリナ帯の示準化石。(→有孔虫類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネオシュワゲリナ【Neoschwagerina】

高等有孔虫のフズリナ目ネオシュワゲリナ科の代表属。1903年矢部長克が,シュワゲリナ・クラティキュリフェラSchwagerina craticulifera模式種として設立した。約60種が知られ,日本では岐阜県赤坂からはじめて記載された。各地の二畳系石灰岩に産するが北海道からは知られていない。外形は膨れた紡錘形で,壁は厚く,ケリオテーカ構造を示す。通常の隔壁のほかに,旋回軸に平行,およびこれに直交する2方向の副隔壁が発達する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android