コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオファシズム ネオファシズム neo-fascism

3件 の用語解説(ネオファシズムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオファシズム
ネオファシズム
neo-fascism

第2次世界大戦でファシズム体制は崩壊したが,戦後再びファシズムの理念を掲げてドイツイタリアで生じてきた運動のこと。イタリアではイタリア社会運動 MSI移民労働者問題などを背景に支持を拡大しているし,統一後のドイツでも,国家民主党 NPDを中心にして,とりわけ旧東ドイツ地域のポーランド人,ベトナム人,黒人に対するネオ・ナチ的行動が頻発している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネオ‐ファシズム(neo fascism)

主にイタリアでの、外国人労働者の排斥などを訴える政治思想第二次世界大戦後に否定されたファシズム体制の、治安面や所得再分配などの政策を再評価する。イタリア社会運動(国民同盟)などの政党の理念となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネオファシズム
ねおふぁしずむ
neo-fascism

第一次世界大戦後、イタリア、ドイツ、日本などで現れた急進的ナショナリズム体制を古典的ファシズムとよぶのに対し、第二次大戦後のファシズム傾向をネオファシズムという。すなわち、第二次大戦における日独伊枢軸国の敗北がファシズムの終焉(しゅうえん)を意味するものではなかった。1950年代のアメリカにおけるマッカーシズム、60年代に入ってのドイツ国家民主党(NPD)、イタリア社会運動などの台頭が顕著なネオファシズムの動きである。こうした際だった事例とは別に、経済操作とイデオロギー操作を通じてファシズム的体制が形成される条件が現代社会には整っており、多くの国で現実化しているという指摘もある。経済理論の発展は恐慌の危険を回避させ、マス・メディアの発達は操作的情報の大量伝達と大衆の関心を娯楽などへそらせることを可能にした。このように、大衆にそれとは気づかせずに独裁体制を形成する危険が現代には存在する。[大谷博愛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネオファシズムの関連キーワード社会体制社会ファシズムファシズムファリナッチ天皇制ファシズムファシストファッショフェデルツォーニ《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネオファシズムの関連情報