コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネベリスク Nevel'sk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネベリスク
Nevel'sk

ロシアのサハリン州の港湾都市。サハリン島南部西岸,タタール海峡にのぞみ,州都ユジノサハリンスクの西南西約 70kmに位置する。漁業基地で,水産加工工場,冷凍施設,船舶修理施設などがある。付近に炭田がある。市名はロシアの極東探検家 G. I.ネベリスコイを記念したもの。旧日本領で,日本名本斗 (ほんと) 。人口約2万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネベリスク【Nevel’sk】

ロシア連邦,サハリン島(樺太)南西岸の漁港。人口2万4800(1992)。日本領時代は本斗(ほんと)と呼ばれ,漁業の町として繁栄し(1941年当時の人口1万1201),本斗支庁の所在地であった。樺太庁鉄道西海岸線はこの地を起点とし,稚内,小樽へも連絡船が通じていた。1945年ソ連併合後もトロール漁船団の基地としてサハリン島最大の漁獲高をもち,水産加工品はサハリン州全体の1/3を占めている。魚類缶詰工場,船舶修理工場,船員養成学校,職業学校などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネベリスク
ねべりすく
Невельск Nevel'sk 

南樺太(からふと)(サハリン)の小都市本斗(ほんと)のロシア語名。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネベリスクの関連情報