コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネレイド Nereid

翻訳|Nereid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネレイド
Nereid

海王星の,外側の衛星。 1949年に G.カイパーが発見。光度 19等で半径は 170km程度と推定される。内側の衛星トリトンが逆行するのに対し,ネレイドは公転周期約 360日で海王星の自転と同方向に順行する。海王星の赤道面に関する軌道面傾斜角は 27.7°にすぎないが,軌道離心率は 0.749と太陽系の衛星中最大で,海王星に 133万 kmまで近づき,976万 kmまで遠ざかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のネレイドの言及

【衛星】より

…天王星の衛星は母惑星の赤道面が98度も傾いているため,惑星軌道面に対しては大きな傾き角をもつ。海王星の内側の大きな衛星トリトンは逆行しており,外側の小さな衛星ネレイドは順行ではあるが,0.75というとびぬけて大きな離心率をもっている。一説によれば,冥王星はもと海王星の衛星であり,なんらかの異変によって海王星から逃げ出した。…

【トリトン】より

…一般に大型の衛星は母惑星の自転と同方向に公転しているが,トリトンは逆転している。海王星のもう一つの衛星であるネレイドは順転であるが,離心率0.7493というきわめていびつな楕円軌道をもっており,遠い過去に海王星周辺で何かが起きたことを示している。惑星探査機ボイジャー2号の観測によれば窒素からなる大気があり,大気圧は0.01ミリバール,有効温度は-236゜Cである。…

※「ネレイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネレイドの関連キーワードG.P. カイパー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android