コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーサン ネーサンNathan, George Jean

4件 の用語解説(ネーサンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネーサン
ネーサン
Nathan, George Jean

[生]1882.2.14. インディアナフォートウェーン
[没]1958.8.8. ニューヨーク
アメリカの文芸批評家,劇評家。コーネル大学を卒業後,イタリアボローニャ大学で学び,1905年頃から劇評活動に入る。一方,H.メンケンとともに文芸雑誌スマートセット』の編集を担当 (1914~23) ,E.オニールの諸作を掲載すると同時に,ピランデッロをはじめとする海外の新しい戯曲を紹介し,アメリカ演劇の発展に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ネーサン
ネーサン
Nathan, Robert (Gruntal)

[生]1894.1.2. ニューヨーク
[没]1985.5.25. ロサンゼルス
アメリカの小説家,詩人。自伝的小説『ピーターキンドレッド』 Peter Kindred (1919) 以下,『司教の妻』 The Bishop's Wife (28) ,『ジェニーの肖像』 Portrait of Jennie (40) ,『ウィットル氏と朝の星』 Mr. Whittle and the Morning Star (47) ,『サー・ヘンリー』 Sir Henry (55) など多くの小説があり,ユーモアウイットに富んだファンタジーで人気がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネーサン【George Jean Nathan】

1882‐1958
アメリカの劇評家。1905年に《ニューヨーク・ヘラルド》紙に寄稿して以後,50年近くにわたって多くの新聞・雑誌に劇評を発表。既成の娯楽劇を排撃して,問題性のある思想劇を唱道し,H.L.メンケンとともに編集した雑誌《スマート・セット》によって,イプセン,G.B.ショーストリンドベリなど,ヨーロッパの劇作家の紹介に努めた。E.G.オニールやS.オケーシーを支持したことでも知られる。【喜志 哲雄】

ネーサン【Robert Nathan】

1894‐1985
アメリカの小説家,詩人,劇作家。ニューヨーク生れ。ハーバード大学卒業。1970年に7度目の結婚をした。1919年《ピーター・キンドレッド》で作家としてデビュー。天使と人妻の交渉を描いた《牧師の妻》(1928),不況の犠牲になった人たちを共感をこめて書いた《いまひとたびの春》(1933),実在しない少女と青年画家の関係を抒情的にうたった,現代のおとぎ話ともいうべき《ジェニーの肖像》(1940)がとくに有名で,いずれも映画化されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ネーサンの関連キーワード早稲田大学梅屋勘兵衛(3代)金弘集スミス花房義質フォンタネージプルーインプレグランホイットニー車会党

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネーサンの関連情報