ノク(英語表記)Nok

世界大百科事典 第2版の解説

ノク【Nok】

アフリカのナイジェリア中部,ザリア地方の村。1931年同村のスズ鉱山からテラコッタ製の人頭2個が発見された。その後ニジェール川とベヌエBenue川の合流点の北方に位置する,東西480km,南北330kmにおよぶ広大な地域で,ノクの人頭像と同じ様式のテラコッタ製人像が数百点出土した。これらのテラコッタ像は,最初の発見地にちなんで,ノク美術ないしノク文化(文明)と称される。前500年ころから後200年ころにかけてのものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のノクの言及

【ナイジェリア】より

…それはニジェール川流域北部のジョス高原を中心に発掘されたもので約2000年前のものといわれる。この文化は,最初に発見された村の名にちなんで,ノク文化(ノク)と呼ばれており,土偶などの出土品は,今日のヨルバ文化に共通する特色をもっていたと考えられる。 中世以後のナイジェリアの歴史は,北部と南部とでまったく異なる。…

※「ノク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android