コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノスカピン noscapin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノスカピン
noscapin

ナルコチンともいう。非麻薬性の鎮咳薬である。ベンジルイソキノリン誘導体の一つで,アヘンアルカロイドモルヒネ (10%) に次ぎ,6%も含有する。鎮痛作用はほとんどない。モルヒネの鎮静作用を増強し,呼吸中枢を刺激してモルヒネの呼吸抑制を弱める作用のほかに,コデインに匹敵するほどの鎮咳作用を示すが,習慣性は生じない。速効性なので内服も有効である。弱いが鎮痙作用があり,分泌も抑制しないので,痰の排出は妨げられない。副作用として,軽度のねむけと吐き気がみられることがある。大量投与では呼吸興奮その他の中枢神経興奮症状を示す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ノスカピン

薬に含まれる成分のひとつ。中枢神経系に作用して鎮咳する作用があり、かぜ薬などに含有。「ナルコチン」ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ノスカピン【noscapine】

阿片に含まれるアルカロイドの一。旧名ナルコチン。モルヒネなど、阿片に含まれる他のアルカロイドと異なり麻酔作用がない。鎮咳薬に用いられる。塩酸ノスカピンは局方品。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のノスカピンの言及

【風邪薬】より

…麻薬性鎮咳薬(コデインなど。含有量1/100以下の製剤は麻薬からはずされている)と非麻薬性鎮咳薬(デキストロメトールファン,ノスカピンなど)がある。呼吸中枢の一部としてまたはその近辺に存在するとされる咳中枢に作用するものと考えられている。…

【鎮咳薬】より

…多用されるものとしては,前者に属するものでは,コデイン(アヘンアルカロイドの一つ),その水素添加誘導体ジヒドロコデインがある。非麻薬性鎮咳薬としては,デキストロメトルファン,チペピジン,ノスカピンなどがある。コデイン類は麻薬であるが,日本では家庭麻薬製剤という特例を設け1/100以下の含量で配剤することは許されている。…

※「ノスカピン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノスカピンの関連キーワードテオフィリン製剤塩酸ノスカピンアヘン(阿片)咳どめ阿片

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android