コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノダック ノダック Noddack, Walter Karl Friedrich

2件 の用語解説(ノダックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノダック
ノダック
Noddack, Walter Karl Friedrich

[生]1893.8.17. ベルリン
[没]1960.12.7. バンベルク
ドイツの化学者。ベルリン大学で化学,物理学,数学を学んだ。 1920年,W.ネルンストのもとで学位を取得し,光化学研究所の所長を経て,フライブルク大学教授となり (1935) ,シュトラスブルク大学に移った (41) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノダック
のだっく
Walter Karl Friedrich Noddack
(1893―1960)

ドイツの化学者。ベルリンに生まれる。ベルリン大学でネルンストに学び、1935年フライブルク大学教授、1941ストラスブール大学光化学研究所長兼務、のちバンベルク大学で化学とくに地球化学を指導。1925年、後の妻タッケIda Tacke(1896―1978)と共同でコルンブ石X線分光分析により75番元素を発見、レニウムと命名。同時に発見を公表した43番元素マスリウムはその後確認されず、人工元素テクネチウムが43番元素とされる。彼は多くの鉱物を分析し、すべての鉱物はすべての元素を含むとする元素普存則を述べた。写真化学も研究した。[道家達將]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノダックの関連キーワード西ベルリン東ベルリンベルリン青ベルリン映画祭シュターツカペレ・ベルリンベルリン空輸回廊ベルリン・ゲームベルリン州立管弦楽団ベルリンタワーベルリン協定

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノダックの関連情報