コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーススロープ North-slope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーススロープ
North-slope

アラスカの北極海に面した北側斜面一帯をいう。この地域のプルドー湾で 1968年に大油田が発見されて注目を浴びた。地域全体での確認埋蔵量は 200億バーレルといわれる。アメリカは従来の油田の生産量が低下し,石油資源枯渇の懸念から,この地域の油田開発に重点をおいている。当初は原油の輸送問題があったが,77年アラスカ・パイプラインが開通し,解決した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ノーススロープ【North Slope】

アメリカ合衆国、アラスカ州北部の北極海沿岸地方。大油田地帯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ノーススロープの関連キーワードスタンダード・オイル・オブ・オハイオプルドー・ベイ油田プルドー・ベイ油田パキリノサウルスプルドーベイ油田アメリカ合衆国極地

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノーススロープの関連情報