コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイアワサ ハイアワサ Hiawatha

2件 の用語解説(ハイアワサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイアワサ
ハイアワサ
Hiawatha

アメリカ先住民族 (インディアン) のオノンダーガ族の伝説的な首長。 1570~1600年頃オノンダーガ,モホークオネイダ,カユーガ,セネカの5族を結集してイロコイ同盟をつくった人物とされ,農業,航海,医学,芸術を教えたといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハイアワサ【Hiawasa】

アメリカ・インディアン,イロコイ族の伝説上の長。神のお告げにより好戦的な五つの部族を連合体にまとめて平和を確立したという。ハイアワサという長が実際にこうした平和的連合体をつくったのは1450年ころであった。この事情を扱ったいくつかの資料をもとに,さらにフィンランドの叙事詩《カレワラ》の影響下に創作されたロングフェロー《ハイアワサの歌》(1855)は,月の娘ナミコスに育てられたオジブワ族ハイアワサの冒険物語詩の形をとっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハイアワサの言及

【イロコイ諸族】より

…同盟を構成する諸部族はセント・ローレンス川流域からオンタリオ,エリー両湖周辺に居住していた。同盟が結成されたのは16世紀後半で,その契機は神話上の英雄ハイアワサの言動にあるといわれる。同盟の最高決定機関の構成員は各部族から出るサチェムsachemとよばれる男性であった。…

※「ハイアワサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハイアワサの関連キーワードアメリカインディアンインディアンインディアン座イロコイインディアナネイティブアメリカンイロコイ諸族アメリカ・インディアンアメリカ・インディアン諸言語全国アメリカ・インディアン会議

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone