コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイセンビュッテル Heissenbüttel, Helmut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイセンビュッテル
Heissenbüttel, Helmut

[生]1921.6.21. ウィルヘルムスハーフェン
[没]1996.9.21.
ドイツの詩人,小説家,評論家。第2次世界大戦に従軍,片腕を失う。戦後ドレスデン,ライプチヒ両大学で建築学,芸術学を学ぶ。「47年グループ」の一人。『文学論』 Über Literatur (1966) など文芸批評に新しい視点を導入すると同時に,創作にも言語実験を試みた。 1969年ビュヒナー賞受賞。代表作には詩集『テキストブック』 Textbuch (60~67) ,小説『ダランベールの最期』D'Alemberts Ende (70) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハイセンビュッテル【Helmut Heißenbüttel】

1921~1996) ドイツの詩人・批評家。ダダイスム・シュールレアリスムやウィトゲンシュタインの哲学に影響を受けた作品を制作。詩集「テクストブック」、小説「ダランベールの最期」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイセンビュッテル
はいせんびゅってる
Helmut Heienbttel
(1921―1996)

ドイツの詩人。ウィルヘルムスハーフェン近郊のリュストリンゲンに生まれる。具体詩(コンクレーテ・ポエジー)で1960年代に一流派をなす。1959年から81年までシュトゥットガルトの南ドイツ放送局ラジオ・エッセイ部長。「グループ47」の1人。69年ビュヒナー賞受賞。代表作に具体詩集『テクスト・ブック』6巻(1960~67)、新詩学論集『文学論』(1963)、フォルムベークとの共著『文学に関する往復書簡』(1969)などがある。プロジェクト第1号の新小説『ダランベールの終焉(しゅうえん)』(1970)から、次号『石頭両断』(1974)、3号『アイヒェンドルフの没落とその他のメルヘン』(1978)、『ヒトラー』(1979)、『二者択一の終焉』(1980)に至る実験作は、現代ドイツ文学の一つの極致を示している。[洲崎恵三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハイセンビュッテルの関連キーワードウィトゲンシュタイン6月21日批評家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android