コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイバン峠 ハイバンとうげDeo Hai Van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイバン峠
ハイバンとうげ
Deo Hai Van

ベトナム中部海岸,ダナンとフエの間にあるハイバン山を越える峠。標高約 500m。雲が足元を流れ,眼下南シナ海や古都フエを見渡せる景勝地。ハイはベトナム語で「海」,バンは「雲」を意味する。ベトナム南北を結ぶ国道1号線はここを通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハイバン‐とうげ〔‐たうげ〕【ハイバン峠】

Deo Hai Van》ベトナム中部の都市ダナンフエの間にある峠。最高地点の標高496メートル。19世紀半ばにフランス軍が砦を築き、第二次大戦やベトナム戦争時でも使われた。2005年、日本の政府開発援助により、東南アジア最長の全長約6.3キロメートルのハイバントンネルが開通した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例