コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイブリッド炉 ハイブリッドろhybrid reactor

世界大百科事典 第2版の解説

ハイブリッドろ【ハイブリッド炉 hybrid reactor】

核融合炉は,炉心となる超高温プラズマの周囲にブランケットと呼ばれる部分を有し,そこで燃料となるトリチウムの増殖と,発電に必要とされる高温の発生を行わせている。このブランケット部に,さらに加えてウランとかトリウムのような核分裂炉用の物質を入れ,炉心より放出される高高速(約14MeV)中性子でもってそれらを照射しようというものを核融合・核分裂ハイブリッド炉,単にハイブリッド炉あるいは混合炉と呼ぶ。ハイブリッド炉の活用法としては,おもに次の二つが検討されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハイブリッド炉の言及

【原子炉】より

核融合炉持続する核融合反応により発生するエネルギーを利用するための装置。ハイブリッド炉核融合炉の一種で,そのブランケットに核分裂性物質を若干装荷しておくことにより,核融合中性子による核分裂や転換を起こさせて,核融合当りのエネルギー発生率を改善し,あるいは(核分裂炉用の燃料生産により)経済性を改善しようとしているもの。
【核分裂をおもに起こす中性子による分類】
熱中性子炉核分裂がおもに熱中性子によって引き起こされている原子炉。…

※「ハイブリッド炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android