コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ カンペンドンク Heinrich Campendonk

20世紀西洋人名事典の解説

ハインリヒ カンペンドンク
Heinrich Campendonk


1889.11.3 - 1957.5.9
ドイツの画家。
クレーフェルト(ドイツ)生まれ。
1911年ミュンヘンで「ブラウエ・ライター」の活動にF.マルクらと協力。’26年デュッセルドルフ・アカデミーの教授。’33年ナチスの弾圧で「頽廃芸術」家として追放されオランダへ移住、その後アムステルダム国立アカデミーの教授となる。第二次大戦後ドイツへ戻る。F.マルクの動物画やキュビズムの影響を受け、抒情性漂う線的描写で身の回りの状況に焦点を当て、愛敬のある人物を主人公に、豊かな色彩で独特の画風を生み出した。’26年からの彼の作品は、主に版画やステンドグラスが多い。代表作として「木彫家」(’24年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ハインリヒ カンペンドンクの関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎フラー(Curtis Fuller)内閣総理大臣マキノ雅広森一生森鴎外反右派闘争石井桃子内田吐夢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android