コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウアー ハウアー Hauer, Josef Matthias

3件 の用語解説(ハウアーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハウアー
ハウアー
Hauer, Josef Matthias

[生]1883.3.19. ウィーナーノイシュタット
[没]1959.9.22. ウィーン
オーストリアの作曲家。小学校教師であったが,独学で音楽を学び,ウィーン高等学校国家試験に合格。無調音楽理論を研究し,A.シェーンベルク以前に独特なトローペと呼ばれる2配列の6音の結合による 12音階理論を発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ハウアー

オーストリアの独学の作曲家。十二音技法へのこだわりが強い。シェーンベルクが主催する「私的演奏協会」でハウアーの作品を紹介したが、ハウアーが我こそ十二音技法の創始者と主張したため、その人間関係はこじれ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハウアー
はうあー
Josef Matthias Hauer
(1883―1959)

オーストリアの作曲家、音楽理論家。1919年、十二音技法を「発見」して以来、この技法に基づく数多くの作品、『ヘルダーリン歌曲集』、ピアノ曲『ラビリントス舞曲』などを残した。シェーンベルクが十二音技法を初めて用いるのは23年であるが、両者の技法には大きな違いがある。ハウアーは徹底して音楽の形式性を追究したのに対し、シェーンベルクは表現性、情緒性を重んじた。ハウアーの技法は、弟子以外に継承されなかったが、近年ようやく再評価の気運が高まっている。[細川周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウアーの関連キーワードクリーナーアルウィーの洞窟ウィーノクリーナーの日ウィーナー‐ヒンチン関係式ウィーナー‐ホプフ方程式ウィーナー,A.S.ウィーナー規範ウィーナー測度ウィーナーフィルター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハウアーの関連情報