コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウアー Hauer, Josef Matthias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハウアー
Hauer, Josef Matthias

[生]1883.3.19. ウィーナーノイシュタット
[没]1959.9.22. ウィーン
オーストリアの作曲家。小学校教師であったが,独学で音楽を学び,ウィーン高等学校の国家試験に合格。無調音楽理論を研究し,A.シェーンベルク以前に独特なトローペと呼ばれる2配列の6音の結合による 12音階理論を発表した。作品にはオペラ『サランボー』 (1930) ,『ヘルダーリーン歌曲集』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ハウアー

オーストリアの独学の作曲家。十二音技法へのこだわりが強い。シェーンベルクが主催する「私的演奏協会」でハウアーの作品を紹介したが、ハウアーが我こそ十二音技法の創始者と主張したため、その人間関係はこじれ ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハウアー
はうあー
Josef Matthias Hauer
(1883―1959)

オーストリアの作曲家、音楽理論家。1919年、十二音技法を「発見」して以来、この技法に基づく数多くの作品、『ヘルダーリン歌曲集』、ピアノ曲『ラビリントス舞曲』などを残した。シェーンベルクが十二音技法を初めて用いるのは23年であるが、両者の技法には大きな違いがある。ハウアーは徹底して音楽の形式性を追究したのに対し、シェーンベルクは表現性、情緒性を重んじた。ハウアーの技法は、弟子以外に継承されなかったが、近年ようやく再評価の気運が高まっている。[細川周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハウアーの関連キーワードクリスティアーン モルゲンシュテルンドイチュ ベルント リヒァルトカラー(Paul Karrer)エーリッヒ オレンハウアーアンクティル・デュペロングラシアン・イ・モラレスフーシェ・ド・カレイユバイオレント・サタデージョセフ・M. ドッジ聖なる酔っぱらいの伝説ユリー アイヘンワリドショーウペンハウワー非政治的人間の考察ゴーデスベルク綱領ポール ドイッセンショーウペンハワーショーペンハウエルアルス・オプの哲学ショウペンハウエルブレードランナー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android