ハクサンボク(読み)はくさんぼく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハクサンボク
はくさんぼく / 白山木
[学]Viburnum japonicum (Thunb.) Spreng.

スイカズラ科の常緑低木。高さ1~6メートル、全体に毛はない。葉は広卵形で長さ7~15センチメートル、質は厚く、光沢がある。4~5月、径約10センチメートルの散房状花序をつくり、白色の小花を多数開く。核果は球形で、紅色。山口県、九州、沖縄、熱海(あたみ)、三宅(みやけ)島、八丈島に隔離分布する。名は、石川・岐阜県の白山(はくさん)にちなんでつけられたが、白山には生育しない。植栽するとよく生育するが、庭木としてはほとんど利用されない。[福岡誠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハクサンボクの言及

【ガマズミ】より

…オトコヨウゾメV.phlebotrichum Sieb.et Zucc.(イラスト)は花序の柄が細く,花の数が少なく,葉の裏面脈上に絹毛があり,乾くと黒くなる。常緑性のハクサンボクV.japonicum (Thunb.) Spreng.が本州暖地の沿海地から九州,琉球,小笠原に分布する。ゴマギV.sieboldii Miq.(イラスト)は葉をもむとゴマに似た強い臭気がある。…

※「ハクサンボク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android