コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハゴロモモ Washington plant

2件 の用語解説(ハゴロモモの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハゴロモモ【Washington plant】

北アメリカ原産の水中に生育するスイレン科の植物で,日本にも帰化している(イラスト)。茎は細長く,節から多くの不定根を出す。葉は2型あり,水中葉は対生,葉身は5~7裂し,各裂片はさらに細裂して糸状になる。別名をフサジュンサイといい,ハゴロモモの名とともに,この葉の形状に由来する。浮葉は楯状,葉身は長楕円形で水中葉に比べ小さく,葉腋(ようえき)から花柄を出す。花は花柄上に単生し,径1.5~2cm。萼片,花弁ともに白色で3枚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハゴロモモ
はごろもも / 羽衣藻
[学]Cabomba caroliniana A. Gray

スイレン科の多年生水草。北アメリカ南東部の原産。金魚鉢や熱帯魚の水槽などに入れるので俗にキンギョモともいう。また属名を用いてカボンバとも称する。茎は水中に長く伸び、節から根を出す。水中葉は対生し、扇形ないし腎臓(じんぞう)形で線状に細裂し、柄があり、長さ3~5センチメートル、水上葉は互生で、花と対生し、狭楕円(きょうだえん)形で小さい。ハゴロモモの名は、葉を羽衣に見立てたもの。花は径1センチメートル余り、夏に水面上に出て開き、萼片(がくへん)および花弁はともに3枚で白色、基部に黄斑(はん)がある。水槽でもよいが、池中に植えるとよく繁茂する。生育は水温20℃内外で盛んとなり、水が凍らなければ越冬できる。繁殖は挿芽により、ごく簡単に殖える。[松岡清久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハゴロモモの関連キーワードアメリカバイソン北アメリカ水生植物アメリカ杉アメリカ篠懸の木ピーカン北米亜米利加水産植物アメリカン・ヘアレス・テリア

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone