コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハゼラン Talinum crassifolium; coral flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハゼラン
Talinum crassifolium; coral flower

スベリヒユ科一年草。熱帯アメリカ原産で,日本には明治初期に渡来し,庭園に植えられる。は直立して高さ約 60cm,円柱形,緑色で軟らかく無毛。葉は互生し緑色肉質,長さ5~7cmの倒卵形,全縁で先がややとがり基部は次第にせばまって葉柄となる。夏,茎の先で多数分枝して大型の円錐花序をつくり,紅色の小花を多数つける。花柄は糸状で長い。萼片は2片あるが脱落する。花弁は5枚で萼片より長い。おしべは約 10本,花柱は3岐する。蒴果球形,乾皮質,径約 4mmで赤熟し,小突起のある種子が詰る。熱帯,亜熱帯に広く野生化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android