コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッタジュズイミミズ Drawida hattamimizu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッタジュズイミミズ
Drawida hattamimizu

環形動物門貧毛綱新貧毛目ジュズイミミズ科。体は伸縮性が大きく,よく伸びると体長 1mほどにもなる。体節数 300~400。体色は背面が濃藍色,腹面が灰色。環帯は淡紅色で,第9~15体節にある。各体節に剛毛が4対あり,背孔はない。砂嚢は第 12体節より生じ,6個あるいはそれ以上がじゅずのように並んでいる。なお,ジュズイミミズ科 Moniligastridaeのものはインドやフィリピン,マレー諸島が原産地で,日本では本種のみが石川県金沢市八田町付近の水田に生息している。以前はウナギの釣餌に用いられていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハッタジュズイミミズ【Drawida hattamimizu】

貧毛綱ジュズイミミズ科の環形動物。金沢市の八田町(発見当時は八田村)に産し,砂囊(食物を消化する部分,すなわち胃)が数珠状になっているところから,この名がある。金沢市と滋賀県に分布し,水田の泥中にすむ。体はよくのびると1mほどにもなるが,40~60cmのものが多い。体節数300~400。色は背面が濃いあい色で,腹面は灰色。成熟したときに生ずる環帯は淡紅色で,第9~15体節を占める。各体節に短い剛毛が8本ある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ハッタジュズイミミズの関連キーワード貧毛類

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android