コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハディージャ ハディージャ Khadīja bint Khuwaylid

2件 の用語解説(ハディージャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハディージャ
ハディージャ
Khadīja bint Khuwaylid

[生]?
[没]619. メッカ
マホメットの最初の妻。裕福な寡婦であった彼女は,2度結婚歴があり,彼女の商品を預ってシリアに取引に出かけたマホメットの人柄と才能を見込んだ。結婚はマホメットに,精神的,物質的な安定を与え,彼の預言者としての活動の基盤となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハディージャ【Khadīja】

?‐619
預言者ムハンマドの最初の妻。クライシュ族アサド家出身。595年ころ結婚。そのとき,ムハンマドは25歳の貧乏な青年で,彼女は40歳を超えた富裕な商人であった。この結婚以前に,彼女は2人の夫と生別・死別しており,何人かの子どももいた。ムハンマドとの間に3男4女をもうけたが,男児はみな夭折した。四女がファーティマハディージャはムハンマドの教えを受け入れて最初のイスラム教徒となり,終生夫のよき保護者であり,理解者であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハディージャの関連キーワードアーイシャハーシム家ハディースファーティマムサイリマムハンマドクライシュ族イブン・サードサハーババドルの戦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone