コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハトホル Hathor

百科事典マイペディアの解説

ハトホル

古代エジプトの女神。ホルスの母,ときに妻ともされる。世界を生み出した天の雌牛,愛と幸福の女神,鉱山守護神,養育神など多様な性格をもち,イシスに次いで広く崇拝された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハトホル【Hathor】

古代エジプトの女神。その名は〈ホルスの家〉の意。メンフィスシカモアのハトホルと呼ばれ,ギリシア人によってアフロディテと同一視された。デンデラにおいて,ホルス,彼らの息子であるイヒIhiとで三柱神をなした。その属性は多彩で,王の養育者,ホルスの母(ときにはその配偶者),黄金の女神,幸福・音楽・踊りの女神,シカモア樹の精,さらには天空の女神として,牝牛,日輪と牛の角を頂く女性の姿などで表される。崇拝の中心地はメンフィス,デンデラのほか,ガバレイン,エドフなど多くあり,シナイ半島のトルコ石鉱山の守護神でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハトホル【Hathor】

エジプト神話の繁殖と愛と運命の女神。雌牛頭の姿で描かれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハトホル
はとほる
Hathor

古代エジプトの女神。原語ヘト・ヘルは「ヘル(ギリシア名ではホルス)の住まい」の意、つまり天空の女神であり、また太陽を表すホルス神の母として愛と美の女神でもあった。この点でギリシアのアフロディテ、ローマのウェヌスと類似の女神であり、民間で広く尊崇された。この女神は七つの姿をとるといわれるが、しばしば牛の姿で表され、また「住まい」を表す四角形の中に鷹(たか)の姿のホルス神を描いたヒエログリフでも示された。崇拝の中心地はデンデラ、アフロディトポリスであり、テーベのネクロポリス(死者の町)の保護女神でもあった。ギリシア名はアテュルAthur。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハトホルの言及

【ウシ(牛)】より

…例えば,古代エジプトにおいてアピスApis牛といわれる牛がいた(図2)。それは聖牛であり,メンフィスのハトホルの神殿に一定期間飼われ,聖牛として人々の信仰の対象となった。そしてその期間が終わると盛大な儀式ののちナイル川に沈められた。…

【ハゲワシ(禿鷲)】より

…日本にはクロハゲワシAegypius monachusがまれな冬鳥または迷鳥として渡来する。コンドル【竹下 信雄】
[象徴,民俗]
 ハゲワシは古代エジプト人にとって太母神,特にハトホルを象徴する聖鳥である。ギリシアやローマでは,軍神になる以前は豊饒神であったアレス(マルス)にささげられ,またゼウスの頭から飛びだしたアテナ(ミネルウァ)を示すシンボルともされた。…

※「ハトホル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハトホルの関連キーワードアブシンベル小神殿アブ・シンベルフィラエ神殿エジプト神話ハトホル神殿エジプト美術フィラエ島伊藤はるか矢島文夫柱頭繁殖運命神像

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハトホルの関連情報