ハドソン川(読み)ハドソンがわ(英語表記)Hudson River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドソン川
ハドソンがわ
Hudson River

アメリカ合衆国,ニューヨーク州を流れる川。全長 492km。流域面積3万 5000km2。同州北部にある氷河湖に源を発し,ほぼ南流してニューヨーク湾に注ぐ。河口から約 240kmまでは沈水谷で,その延長の海底谷は河口から 320kmに達している。 1609年イギリス人探検家 H.ハドソンが初めて遡航して命名された。古くからアパラチア山系の横断路として利用され,結氷する冬期でも大型船舶の就航が可能。 19世紀以降,エリー,デラウェア=ハドソン,シャンプレーンの3運河が完成して,五大湖,セントローレンス下流部とニューヨークとが結ばれ,世界で最も交通量の多い河川の一つとなった。下流部では多数の自動車,鉄道のトンネルが河底を横断し,ニューヨークと北部ニュージャージーとを結んでいる。工場廃棄物による河水の汚染もひどく,州政府により,浄化策が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハドソン‐がわ〔‐がは〕【ハドソン川】

米国ニューヨーク州東部を流れる川。アディロンダック山に源を発し、南流して大西洋に注ぐ。長さ490キロ。五大湖とは運河によって連絡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ハドソンがわ【ハドソン川】

アメリカ合衆国北東部を流れる河川。ニューヨーク市を経て大西洋に注ぐ。長さ492キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハドソン川の関連情報