コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドン ハドンHa Dong

3件 の用語解説(ハドンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドン
ハドン
Ha Dong

ベトナム北部の都市。首都ハノイの経済圏に入る衛星都市で,その南西郊に位置する。商業と製糸工業が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハドン
はどん
Hadong

ベトナム北部、ハタイ省(人口238万7000。1999)の省都。ハノイの南西11キロメートルソンコイ・デルタのほぼ中央に位置し、国道6号が通じる。人口3万8859(1989)。古くから絹織物業が盛んで、現在は付近の町や村とともに織物、農具、製糖を中心とする工業地帯を形成している。家具、磁器などの伝統的な家内工業も発達し、付近では米作のほか、クワその他多くの工芸作物が栽培されている。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハドンの関連情報