コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナカミキリ ハナカミキリ Lepturinae; lepturid

2件 の用語解説(ハナカミキリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナカミキリ
ハナカミキリ
Lepturinae; lepturid

鞘翅目カミキリムシハナカミキリ亜科に属する昆虫の総称。大部分は昼間活動する細形のカミキリムシで,肢が長く,頭部は長く前方に伸び,頸部が細くせばまって自由に動かしやすくなっている。色彩の美しいものが多く,花上にみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナカミキリ
はなかみきり / 花天牛

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科ハナカミキリ亜科Lepturinaeの昆虫の総称。北半球の温帯域に多く分布しており、一部が熱帯や南半球に産する。日本には150種近くがおり、一般に中形から小形、細形で上ばねは後方へ多少とも細まることが多い。色彩は黄、赤から黒色で、模様のあるきれいな種類も多く、金属色のルリハナカミキリAnoplodera cyaneaなどもある。頭は前方に突き出し、首はくびれ、前胸は後部が広い鐘形のことが多く、前脚の基節は円錐(えんすい)形に近い。成虫は春から夏にかけて花に集まり花粉を食べる昼間活動性のものが大部分であるが、ハイイロハナカミキリRhagium japonicumなど花にこないで枯れ木、倒木にくるもの、ケブトハナカミキリCaraphia lepturoidesのように夜間灯火にくるものもある。雌は枯れ木や伐採した木に集まって産卵し、幼虫はそれら枯れ木や朽ち木の皮下や材を食べて育つ。なお、上ばねが短小になり、一見ハチのようでよく飛ぶホソコバネカミキリ属Necydalisなどもこの亜科に含められている。ハナカミキリの代表的な種には、アカハナカミキリCorymbia succedanea、ヨツスジハナカミキリLeptura ochraceofasciataなどがある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハナカミキリの言及

【カミキリムシ】より

…これらの種類は夜間,樹液や灯火に飛来する。一方,ハナカミキリ類,フトカミキリ類,カミキリ類(亜科)には昼活動するものが多く,美しい色彩が見られる。ヨツスジハナカミキリ(イラスト)などハナカミキリ類は花に飛来し,花粉やみつを食する。…

※「ハナカミキリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハナカミキリの関連キーワードカミキリムシカミキリモドキトラフカミキリ桑天牛天牛擬天牛黒天牛虎天牛鋸天牛花天牛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone