ハナシュクシャ

世界大百科事典 第2版の解説

ハナシュクシャ【ginger lily】

ショウガ科シュクシャ属Hedychiumは東アジア,ニューギニア,マダガスカルに約40種を産する。根茎状の地下茎をもち,地上部はショウガに似る。葉は無柄,長楕円形または披針形で2列にならぶ。花は茎の先端部に穂状か密錐花序でつき,美しい。その中で観賞用に栽培されるものをハナシュクシャと呼ぶ。熱帯系の植物だが,やや耐寒性のある種では暖地の屋外で越冬する。そのような種に次のようなものがある。ガランガH.coccineum Buch.‐Ham.はヒマラヤ,インド,ミャンマーの高地の原産。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハナシュクシャの言及

【シュクシャ】より

…芳香のある白い花をつけるショウガ科の多年草(イラスト)。分枝した地下茎から高さ1~2mの葉柄のまき重なった偽茎を出し,葉を2列に互生する。葉身は長卵形~長楕円形で有毛,長さ30~60cm。花序は茎頂から出て総状の花序をなし,緑色舟形の多数の苞につつまれる。花は約10cm近い長い花筒部を有し,広線形の花被片と白色で目だつ大きな平開する唇弁を有している。熱帯では周年,日本では夏から初秋にかけて咲く。原産地はインドからインドシナ半島のどこかであろうが,現在は切花や観賞用に広く栽培されている。…

※「ハナシュクシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハナシュクシャの関連情報