コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナダカバチ ハナダカバチ Bembix niphonica

2件 の用語解説(ハナダカバチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナダカバチ
ハナダカバチ
Bembix niphonica

膜翅目ジガバチ科。砂地にみられる狩人蜂の一つ。上唇が非常に伸び,先端がとがって口の下側で後方へ曲り,あたかも鼻が高いように見えるのでこの名がある。体長 20~23mm。体は黒色で,黄白色の斑紋が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナダカバチ
はなだかばち / 鼻高蜂
[学]Bembix niponica

昆虫綱膜翅(まくし)目アナバチ科に属する昆虫。体長20ミリ内外、体は黒色で黄白色斑(はん)が多い。上唇が異常に突出しているのでこの名がつけられた。成虫は夏に出現し、非常に速く飛ぶ。海岸や河岸の砂地に営巣するが、まれに山地の砂礫(されき)地にも営巣している。巣は深い斜坑を掘って先端を独房として掘り広げる。幼虫の食餌(しょくじ)にはアブ・ハエ類の双翅目の成虫を狩って与える。卵は幼虫室に最初に運んだ獲物に産卵し、孵化(ふか)してから母バチは幼虫に随時給餌を行う。巣の出入りの際は巣口を砂で開閉する。[須田博久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハナダカバチの関連キーワード狩人蜂アナバチ(穴蜂)穴蜂似我蜂鼻高蜂イチジクコバチアシナガバチ(脚長蜂)コマユバチ(小繭蜂)ジガバチ(似我蜂)ヒメバチ(姫蜂)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハナダカバチの関連情報