ハビタブルゾーン(読み)はびたぶるぞーん(英語表記)habitable zone

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハビタブルゾーン」の解説

ハビタブルゾーン
はびたぶるぞーん
habitable zone

天文学上で考察される、生命が誕生、発展する状況に適した恒星からの距離に応じた領域。略称HZ。生命の誕生には、適当なエネルギーと、水が液体で存在できることが必要である。各惑星系(系外惑星系)の主星(または中心星、系外惑星が公転する恒星など)からの距離により、各惑星が受け取るエネルギーが変化する。地球型生命の場合、水が液体であるような距離領域が必要である。

 地球を含む太陽系では、ハビタブルゾーンは0.97から1.39AU(天文単位、太陽地球間平均距離のこと)であり、その範囲にある惑星は地球のみである。系外惑星系での生命の発見への指標の一つと考えられている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「ハビタブルゾーン」の解説

ハビタブル‐ゾーン(habitable zone)

宇宙における、生命の生存に適した領域。恒星の周囲をまわる惑星の表面において、水が液体で存在する温度になる領域を指す。太陽系の場合、地球の公転軌道程度の距離に相当する。広義には、水だけではなくメタン二酸化炭素が液体で存在する領域も含まれる。いずれも、生命が存在するためには有機物が液体に溶け込み、蒸発降雨などによって凝集が起こることが重要だと考えられている。また、生命の存在だけでなく、進化にも適した領域をゴルディロックスゾーンという。生命居住可能領域

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android