コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマキガ(葉巻蛾) ハマキガ bell moth

1件 の用語解説(ハマキガ(葉巻蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハマキガ【ハマキガ(葉巻蛾) bell moth】

鱗翅目ハマキガ科Tortricidaeの昆虫の総称。小型から中型のガで,翅は細長く,前翅頂は鋭くとがることが多い。後翅は一般に台形で,斑紋をもたない。ビロードハマキのように開張5cmを超える美麗種もいるが,一般に開張2cm内外で,じみな色彩のものが多い。全世界に分布し,日本には500種以上が知られている。ごく一部は昼飛性だが,大部分が夜行性で,よく灯火に飛来する。英名は翅をたたんで静止する姿が鐘を連想させる種が多いことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハマキガ(葉巻蛾)の関連キーワードチョウセンハマグリ鱗翅類ぐりはま葉巻擬鳳蝶蛾逆巻貝手纏の端無きが如し葉巻蛾葉巻虫蒔田さくら子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone