コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマキガ ハマキガTortricidae; leaf roller moth

3件 の用語解説(ハマキガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマキガ
ハマキガ
Tortricidae; leaf roller moth

鱗翅目ハマキガ科に属する昆虫の総称。一般に小型のガで体のわりに翅は広い。雄の前翅前縁にはひだ状に折れ曲った前翅褶と呼ばれる部分があり,その中に特殊な毛をもつ種が多い。多くは幼虫が糸で1枚の葉を巻くか,2~3枚の葉を綴ってその中にひそみ,葉を食害するのでその名があるが,別の習性をもつものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハマキガ

鱗翅(りんし)目ハマキガ科のガの総称。開張10〜30mmの小型種が主であまり目立たないが,ビロードハマキのように開張55mmに達する美しい種類もある。静止するときに翅を水平にして前後翅を鐘形に重ねる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマキガ
はまきが / 葉巻蛾
bell moth

昆虫綱鱗翅(りんし)目ハマキガ科Tortricidaeに属するガの総称であるが、幼虫が葉を巻く習性のあるガ全般をさすこともあり、この場合は英名をleafroller mothという。ハマキガ科の成虫は一般に小形で、はねが細長く、前翅の翅頂がとがり、はねを屋根形にして静止している姿が西洋の釣鐘に似ていることからbell mothとよばれている。前翅は黄褐色、茶褐色あるいは黒褐色で、網目状の模様と、濃色の斜帯をもつ種が多い。雄の前翅の基部近くの翅膜が裏面のほうに折れ重なっている種が少なくない。大部分は夜行性で、よく灯火に飛来するが、夕方に活発に飛ぶものが多く、ごく一部の種、たとえば大形で美麗なビロードハマキのように昼飛性の種も少数含まれている。ほとんど全世界に分布し、約4500種が知られ、日本産として学名を有するものは約560種。温帯から亜熱帯に多くの種を産するが、寒冷地に適応しているものもあり、ごく一部の種は高山帯にだけ生息している。たとえば、タカネハマキ、タカネベニハマキ(以上は本州中部地方)、ダイセツチビハマキ(北海道大雪山)。幼虫は円筒形で白色、緑色、黒色などさまざまな色をしているが、ごく一部を除き、斑紋(はんもん)がない。体毛の短いイモムシで、ハマキムシともよばれる。大部分は樹木や低木の葉を巻いてその中にすみ、葉を食べるが、針葉樹の葉を綴(つづ)り合わせて食べるもの、新梢(しんしょう)、果実、種子内に潜入するもの、茎や根内に孔(あな)をあけて食べるものなどさまざまである。
 害虫としてよく知られているものをあげると次のとおりである。リンゴ、ナシなど果樹の葉を食べるもの(カクモンハマキ、リンゴノコカクモンハマキ)、針葉樹に加害するもの(マツアトキハマキ、カラマツイトヒキハマキ)、チャの害虫(チャノコカクモンハマキ)、クリの実に潜って加害するもの(クリミガ)、リンゴ、ナシなどの果実に潜るもの(リンゴヒメシンクイ、ナシヒメシンクイ)、アズキ、ダイズなどを加害するもの(マメサヤヒメハマキ、マメノヒメシンクイ)。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone