コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマサンゴ ハマサンゴPorites australiensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマサンゴ
Porites australiensis

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目ハマサンゴ科。造礁サンゴの一種で,大きなものでは直径 2mぐらいの塊状の群体をつくる。個虫の入っている莢は小さく,直径 1~1.5mmで,くぼみも浅い。日本近海では皮状の群体となって岩を覆うことが多いが,サンゴ礁では大きな塊をつくる。伊豆半島以南,西太平洋,インド洋の水深 10m以浅にすむ。イバラカンザシゴカイの石灰質の棲管がサンゴ塊中に埋め込まれていることが多い。なお,ハマサンゴ科あるいはハマサンゴ属の種の総称としてハマサンゴと呼ばれることもある。ハマサンゴ科は約 100種知られている。(→サンゴ刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマサンゴ
はまさんご / 浜珊瑚

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目ハマサンゴ科ハマサンゴ属Poritesの海産動物の総称、およびそのなかの1種。クサビライシ亜目のなかで、隔壁中の石灰(さくちゅう)が簡単で、莢(きょう)が成長しても大きな隔壁は孔(あな)をもつハマサンゴ科に属し、12枚のよく発達した隔壁をもつことによってハマサンゴ科のほかの属から区別される。一般にサンゴ礁の浅海にもっとも普通にみられる類の一つで、塊状、枝状、被覆状の群体をつくる。世界中の暖海に約100種が分布する。莢は互いに密接するが、シナレア亜属Synaraeaのものは莢間に共同骨格が発達し、さらにナポポラ亜属Napoporaのものは莢が共同骨格上に突き出る。シナレア亜属の種はオニヒトデの食害にあわないといわれる。この類の1種ハマサンゴPorites tenuisは塊状の群体をつくり、生時は灰褐色で、紀伊半島以南の潮間帯より水深15メートルに多産する。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハマサンゴの関連情報