コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマベンケイソウ sea lungwort

世界大百科事典 第2版の解説

ハマベンケイソウ【sea lungwort】

東北および北海道の海岸の砂地に生えるムラサキ科多年草。全体が多肉質で,ベンケイソウ科の植物に似ている。茎は砂地に倒れて長さ1mに達し,よく枝を分かつ。葉は卵形で長さ3~7cm,幅2~5cm。花は7~8月に,まばらなカタツムリ状花序につく。花冠鐘形で長さ8~12mm,青紫色で美しい。やや下向きに開き,先端は5裂する。萼筒は5深裂し,裂片は鋭くとがる。子房は4深裂し,花後四つの分果となる。分果は肉質。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマベンケイソウ
はまべんけいそう / 浜弁慶草
[学]Mertensia maritima S. F. Gray subsp. asiatica Takeda

ムラサキ科の多年草。茎はよく分枝して地上をはい、群がって生える。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形、粉白を帯びた緑色で、質は厚い。7~8月、総状花序をつくり、青紫色の5弁花を開く。海岸の砂地に生え、本州北部、北海道、および朝鮮半島、ウスリー、樺太(からふと)(サハリン)、千島、アリューシャンに分布する。名は、ムラサキ科であるが粉白を帯びた葉の感じがベンケイソウの類に似ることによる。
 ハマベンケイソウ属は分果の外側が肉質または膜質になる。世界に約20種、日本に2種分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハマベンケイソウの関連キーワード南三陸(町)志津川