ハリウッド映画(読み)はりうっどえいが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

映画の都とうたわれたアメリカ、ロサンゼルス郊外ハリウッドでつくられた映画の総称。アメリカのメジャー撮影所(MGM、パラマウント、ワーナー・ブラザース、20世紀フォックス、RKO、コロンビア、ユニバーサルなど)のほとんどすべてが、ハリウッド、ないしはその周辺にスタジオをもち、そこで映画製作を行っていたため、この呼び名となった。ハリウッド映画が全盛を誇ったのは1920年代から1950年代にかけてである。その間、毎年500本近い作品が製作され、ミュージカル、コメディ、西部劇、ギャング映画、フィルム・ノワール(暗黒映画)などの多彩なジャンル、スクリーンを彩る華麗なスターたち、アクション満載のロマンティックでスリリングな物語、絢爛(けんらん)豪華な衣装やセット、美しい映像や流麗な音楽によって世界中の観客を魅了した。「映画工場」としてのハリウッドは過去のものとなったが、アメリカの映画会社の多くは現在もハリウッドを拠点としており、個人の表現手段としての映画、社会変革の道具としての映画とはしばしば対極にある、製作費をかけた利潤追求型の、娯楽の王道としての映画という意味で、「ハリウッド映画」ということばは現在も生き続けている。

[宮本高晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハリウッド映画の関連情報