コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリタケ(針茸) ハリタケtooth fungi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリタケ(針茸)
ハリタケ
tooth fungi

担子菌類ヒダナシタケ目ハリタケ科に属するキノコ類の総称。菌類の分類学上はハリタケ属 Hydnum,ニクハリタケ属 Steccherinumなどにまたがっている。柄の発達したものもあるが側生である。傘の裏には長い歯のような突起が密生しており,子実層はこの突起の面にできる。枯れた材や切り株に出て木質または革質のもの,地上に生えて肉質で軟らかいものなどがあり,前者にはカノシタ,イタチハリタケ,後者にはニクハリタケ,マンネンハリタケなどがある。なおカノシタは食用になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハリタケ【ハリタケ(針茸)】

普通のキノコはかさの裏に放射状に並ぶひだがあり,その表面に胞子をつくる。またサルノコシカケの類では管穴が並び,その中に胞子をつくる。これらと違って無数の針をたらし,その表面に胞子をつくるキノコがある。以前はこれらのキノコをハリタケ類といったが,現在の分類では担子菌類ヒダナシタケ目のハリタケ科Hydnaceaeとイボタケ科Thelephoraceaeに分類されることが多い。ハリタケ科にはカノシタHydnum repandum Fr.(イラスト),サンゴハリタケHericium ramosum (Mérat) Let.,ヤマブシタケHericium erinaceum (Fr.) Pers.などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android