コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリタケ(針茸) ハリタケ tooth fungi

2件 の用語解説(ハリタケ(針茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリタケ(針茸)
ハリタケ
tooth fungi

担子菌類ヒダナシタケ目ハリタケ科に属するキノコ類の総称。菌類の分類学上はハリタケ属 Hydnum,ニクハリタケ属 Steccherinumなどにまたがっている。柄の発達したものもあるが側生である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハリタケ【ハリタケ(針茸)】

普通のキノコはかさの裏に放射状に並ぶひだがあり,その表面に胞子をつくる。またサルノコシカケの類では管穴が並び,その中に胞子をつくる。これらと違って無数の針をたらし,その表面に胞子をつくるキノコがある。以前はこれらのキノコをハリタケ類といったが,現在の分類では担子菌類ヒダナシタケ目のハリタケ科Hydnaceaeとイボタケ科Thelephoraceaeに分類されることが多い。ハリタケ科にはカノシタHydnum repandum Fr.(イラスト),サンゴハリタケHericium ramosum (Mérat) Let.,ヤマブシタケHericium erinaceum (Fr.) Pers.などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハリタケ(針茸)の関連キーワード菌輪クサビライシ放射状雲菌褶草片石放射状軸放射状放射状組織放射状球顆アンズタケ(杏茸)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone